医療用感染対策の個人防護具について

ネットより引用

福井大岩崎教授 誤解を指摘
 新型コロナウイルス感染症の医療現場で、全身を包む防護服を着ている映像が流れることがある。
米デュポン社製の「タイベックスーツ」が代表的だが、感染症の学術機関・日本環境感染学会は、全身防護服の着用は必須ではないと呼び掛ける。

 第二波到来の可能性も指摘される中、感染症の専門家である福井大の岩崎博道教授(61)も「全身防護服は脱ぐ際に感染リスクが高まる。むしろ必要最低限の個人防護具が良い」と忠告する。
 タイベックスーツは、高密度ポリエチレン繊維不織布による全身スーツ。放射性物質が体に付着するのを防ぐための化学防護服として作られた。青い線が入っているものが多い。

 医療用感染対策の個人防護具として同学会が推奨しているのは、アイシールド付きサージカルマスクまたはサージカルマスクとゴーグル、アイシールド、フェースガードの組み合わせ。そしてガウンと手袋だ。シューズカバーは脱ぐ際に手指が汚染するリスクを考慮して推奨していない。同学会が五月七日に示した医療機関における対応ガイドには「タイベック防護服などの全身を覆う着衣の着用は必須ではありません」と記されている。
 しかし医療機関も含めて「全身スーツの着用が望ましい」という誤解は広がっているという。教授は理由について「報道による映像が原因だろう」と推測する。
「全身防護服を着る映像が繰り返し流れるため、それを使用しなければならないという誤解が医療者にも広がってしまったのではないか」新型コロナウイルスは皮膚に付着しただけでは感染せず、目、鼻、口から侵入して感染するという特徴がある。
 教授は「着脱の負担が重いと疲れて注意が散漫になるから、可能な限り軽装が望ましい。むしろ脱ぐ際の消毒や手洗いが大切。
正しい感染防御のあり方が浸透してほしい」と話した。

目からうろことはこのことです。

車イスマークの変更

車両に貼っている車イスのマーク(百均で買ったマグネットシート)を変更。現行のマークは、国際標準身障者マークですが、50年以上前にデザインされたもので古さを感じます。

そこで、Accessible Icon Projectのマーク(従来の「障害者のための国際シンボルマーク」に変更しました。よりポジティブでアクティブなイメージのマークです。・アメリカの⺠間NPO「アクセシブル・アイコン・プロジェクト」によって制作されたマークで、アメリカ・ニューヨーク州で採⽤されています。2014年にはニューヨーク近代美術館MoMAに常設展⽰されています。サイズも少し大きめで製作しました。

OLD→NEW(アクセシブル・アイコン・プロジェクト)
色も暖色系に変更・より前向きなイメージで! マグネットなので、落下紛失予防に左下に名前をいれました。

資料

DSC_0334

新型コロナウイルス飛沫感染防止スクリーンの設置

新型コロナウイルスに感染防止策として・・・飛沫防止が一番重要なようです。で、遅らばせながら・・・ヴォクシーとハイエースにアクリル製飛沫感染防止スクリーンを設置しました。ビニールシートと違いクリアな視界が確保できます。

ヴォクシーです。メーカー仕様どおりヘッドレスト支柱に面ファスナーで取付です。
確実な固定のため取付部にパーツを追加しました。
ハイエースです。ヘッドレスト支柱のないシート仕様で且つ3人乗れるため広すぎるので、代替え支柱を製作し取付ました。

後部座席から。

アウルサポートクッションセットについて

前ずれを防ぎ、調整可能なパッドで姿勢をサポートします。
「アウルサポート シートクッション」は前ずれしにくいアンカー形状で,安定した着座姿勢を保持
「アウルサポート バッククッション」は位置調整が可能なパッドでさまざまな体格や座位に対応
骨盤後傾により前ずれしてしまう方、ご自身での体幹保持が難しい方、上半身に左右の傾きがある方におすすめ

「エクスジェル エルボガード」は車いすのひじかけに取り付けてひじをソフトにサポート。車いす・ポータブルトイレ・いすなどのひじかけに最適。ゴムベルトと面ファスナーで簡単に取り付け可能。

ロホ・エンハンサーについて

ロホ・エンハンサーの特長
・坐骨結節部周辺は低いエアセル、周辺は高いエアセルで囲んで座位を安定させ座位保持をしやすくします。
・仙骨座りの方、リクライニング・ティルト車いすご利用の方向けです。
・2バルブにより、大腿部と坐骨結節部の空気量の個別調整が可能です。

ハイエースの車内です。

後席とリフト側 コップの置いてあるライトグリーン台は、膝上トレーです。
用具(ストレッチャー・車イス・スロープ等)を積んだ状態で、できるだけ物置になららいようにしています!

リフト部前側の車イス固定金具も変更

ハイエース・リフト部前側の車イス固定金具を、アマゾンで購入した締付金具に変更しました。金属むきだしで車イスの固定に少し手間がかかりますが、しっかりと固定できます。車に標準装備の平テープと緩み止め金具(下の写真参照)に比較して断然、安心・安全・確実です。

(リフト部床には、黒のタイルカーペットを敷いています。)
丸いグレー色の部品は、操作性向上のため取付。元の黒テープも視認性としっかり感のため黄色テープで補強。慣れれば、操作もスムーズです。

アマゾンで購入し、ベルト・引っ掛け金具・固定金具などを変更しました。バイク等の荷物締付用です。
ハイエース・標準装備の金具

前列の車イス固定金具を変更

ハイエースの車イス固定金具は、平PPテープと締付金具の組み合わせで簡単なものですが頼りない! そこでQ STRAINT製 の車イス固定QRT-35に変更しました。アメリカ製でガッチリしており様々な強度試験もクリアして信頼できます。但し、巻き取り部本体が大きいのでリフト部前側にセットするとストレッチャーや車イスの積み込みに干渉します。そこで今回は前列の固定金具を変更しました。

写真ではわかりにくいのですが、フックも大きくしっかりしています。
車の床に取付ける金具をハイエースの仕様に変更
(下の写真はメーカー仕様・参考)
操作性・強度・見た目もよく頼りになりそうです。
車イス固定金具は、どれほどの強度試験なのか確認しようと思います。
当然ながら、ハイエースの固定金具も強度試験はクリアしていると思いますが・・・

ハイエースのナビ・バイザー

ハイエースのナビは、取付角度が最悪で、昼間は画面が見にくい。画角調整してもかえって見にくくなる始末。でバイザーを製作・取付!ついでに、温度計もセットしました。

空気入れを車に常備は、常識?

施設の車いすやご本人の車いすで、時々タイヤの空気が足りなくてぺちゃんこの状態でギシギシと音をさせながらゆっくり移動している方がいます。空気を少し追加注入すれば随分移動が楽になります。そのためのお手伝いに空気入れを車に積載しています。

自転車用の軽量なプラ製空気入れを車に常備しています。
先部はこの形状に変更。小径タイヤの介助用車いすの中には、従来の先部形状では上手く空気注入部を挟めないことがあります。